ケーススタディ一覧

(1)海洋深層水の用途(事業種類)
海洋深層水の特性により用途は限定され、立地条件によりその効果が異なります。ここでは用途×立地の組み合わせからモデルケースとして表-1を取り上げました。

表-1 事業種と対象地域

番号 地域 予定 制限 備考
【PD01】 Cool Tokyo テスト中 要登録
【PD02】 館山データセンタープロジェクト 近日公開 要登録
【PD03】 小笠原レアメタル生産プロジェクト 近日公開 要登録
【PD04】 伊豆小笠原海底山脈マグマ温度差発電 近日公開 要登録
【PD05】 八丈島地熱温度差発電 近日公開 要登録
【PD06】
【PD07】 NC-STEC、カスケード利用実証プラント テスト中 要登録

Cool Tokyo”は冷熱を東京湾沿岸の発電所に供給することで発電効率を改善し、余禄として都心のヒートアイランドを解消するものです。
“館山データセンタープロジェクト”は近年の地震の知見を踏まえ、首都圏に対しバックアップ基地としての合理性を示したものです。
“小笠原レアメタル生産プロジェクト”は海洋深層水の清浄性、溶存酸素量、PHが低い(熟成性)ことを利用し、レアメタル等の捕集を事業化にできること試算しました。
“伊豆小笠原海底山脈マグマ温度差発電”は高温側熱源として伊豆小笠原海底山脈を使った場合の事業性を試算したものです。
“NC-STEC、その他実証プラント”は日本で最も事業化に恵まれる館山で建設する計画です。

 

(2)箇所別ケーススタディ
関係者とケーススタディした、日本、世界における海洋深層水活用の例を図-1に、一覧を表-2に示します。


図-1 (例)中東における海洋深層水事業…中東の水・食糧・雇用問題を解決します。

 

表-2 ケーススタディ一覧

番号 地域 予定 制限 備考
【PD01】 沖縄 テスト中 要登録
【PD02】 名古屋 近日公開 要登録
【PD03】 大阪 近日公開 要登録
【PD04】 東京 近日公開 要登録
【PW01】 台湾 近日公開 要登録
【PW02】 フィリピン 近日公開 要登録
【PW03】 インドネシア テスト中 要登録
【PW04】 中国 近日公開 要登録
【PW05】 ベトナム 近日公開 要登録
【PW06】 ミャンマー 近日公開 要登録
【PW07】 インド、スリランカ テスト中 要登録
【PW08】 モルディブ 近日公開 要登録
【PW09】 中東 テスト中 要登録
【PW10】 アフリカ テスト中 要登録
【PW11】 北アメリカ テスト中 要登録
【PW12】 南アメリカ テスト中 要登録
【PW13】 南太平洋島しょ国 近日公開 要登録
【PW14】 グアム テスト中 要登録
【PW15】 パラオ 近日公開 要登録
【PW16】 オーストラリア テスト中 要登録
【PW17】 オマーン テスト中 要登録
【PW18】 イエメン 近日公開 要登録
【PW31】 モンゴル 近日公開 要登録  NC-STECのみ

 

Top