沖縄における海洋深層水の活用

沖縄では「NC-STECを起点とする海洋深層水の多段利用」で、空調コスト、電力コスト、水道水コストを抑えられるほか、エビやアワビの養殖、海ブドウの栽培など海洋深層水を活用した新しい高付加価値産業の創出し、更にはメディカルツーリズムなど特徴ある観光拠点を創出し、海洋深層水のポテンシャル(年間数百億の経済効果)を沖縄の経済の基盤にすることができます。
取水管、送水管の全体イメージを図-1,2に、海洋深層水多段利用のイメージを図-3に示します。
詳細は添付資料をご参照ください。

図-1 沖縄における海洋深層水活用イメージ(送水管)

図-2 沖縄における海洋深層水活用イメージ(取水管、送水管)

 


図-3 海洋深層水多段利用のイメージ

 

【Furthermore】
沖縄における海洋深層水事業

Top