発電

日本マクロエンジニアリング学会シンポジウム“Cool Tokyo(東京を冷やす)StageⅡ”開催報告

日本マクロエンジニアリング学会シンポジウム “Cool Tokyo(東京を冷やす)StageⅡ” の様子がアッ […]


【予告】Cool Tokyo(東京を冷やす)を日本マクロエンジニアリング学会年次シンポジウム2018で発表します。

【予告】Cool Tokyo(東京を冷やす)を日本マクロエンジニアリング学会年次シンポジウム2018で発表しま […]


環境ビジネス新事業発表会で「非集光型太陽熱温度差発電(最新版)」を発表しました。

環境ビジネス新事業発表会で「非集光型太陽熱温度差発電(最新版)」を発表する機会を頂き、 多くの方にご関心をお寄 […]


「非集光型太陽熱温度差発電の開発」が日本エネルギー学会に掲載されました。

おかげさまで「非集光型太陽熱温度差発電の開発」が日本エネルギー学会に掲載されました。 ご指導いただきました先生 […]


再生可能エネルギーの、基幹電源へのブレークスルー

1.発電方式ごとの、発電コストの限界と技術的隘路 再生可能エネルギーに依拠する発電方式は数多く実用化されている […]


保護中: 日本エネルギー学会 論文「OTECの発電コストに与える熱源補助装置の効果」を投稿

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。


日本エネルギー学会 論文「取水等設備を含む個別最適化による海洋温度差発電コストの低減と評価」採択

海洋温度差発電(OTEC)は、再生可能エネルギーの中でも資源量が多く、気象の影響を受けず24時間発電可能なこと […]


OTEC発電コスト低減の限界

海洋温度差発電(OTEC)は、再生可能エネルギーの中でも資源量が多く、気象の影響を受けず24時間発電可能なこと […]


改良型OTEC(非集光型太陽熱温度差発電:NC-STEC)

OTECの発電コストに与える熱源補助装置の効果 筆者らは前報1)で個々の取水設備、発電装置およびシステムの最適 […]


浮体式ソーラーポンド

赤道無風帯の特性を生かせば、浮体式ソーラーポンドによる温度差発電が安全、無尽蔵、かつ効率的になります。 (成蹊 […]


Top